特許費用の維持

特許を取ったら維持費がかかるって知っていましたか?年間の費用はどのぐらいのものなのでしょうか? - 特許権を得て儲ける計画を立てている人

アーカイブ

カテゴリー

自分で特許を出願!マニュアル

特許翻訳勉強会

特許権を得て儲ける計画を立てている人

発明した人がこれを使って独占して商売をしたいと考えるとしましょう。
そこで必要になってくるのは特許権を申請する事になります。
特許権を得る事が出来ればその発明を特許庁で保護して貰える事になるので、独占して商売をする事が出来て、利益も全て自分のものになるという事です。
その発明を企業などに売る事も出来ますし、特許出願・費用について特許権があればなにかと上手にそれをつかって儲ける事が出来るのです。
その為に申請する時には特許費用というものはかかってくるのですが、出願、そして審査にかけれるという事です。
難しいとはいいますが、事前に似たような発明が既に特許権を得ていないのか?特許を得られる程のふさわしい発明なのか?という点が重要になるでしょう。
図11
特許庁は基本、先願主義を採用するので、出願順に審査していく事になるので、もし似たような発明が特許をとるかもしれない!などのような情報がある場合は急ぎましょう。
特許費用は約30万円以上になると言われているのですが、依頼をした場合でしたら更にプラスされるという事で、この費用がない為に特許申請が遅れて得られなかった、または他の似た発明に先を越された!という事はないようにしたいですね。
ですので発明する時には多少の貯金を作っておくようにしましょう。


更新情報